どこかのだれかへ

おお、わたしの隠れた小さな場所、メモを見ていただけてたのですね。
(隠れてもいないけど、ここの右側にあるだけのことだけど・・・。)
嬉しい限りです。
日々の脳天に刻まれた短いため息を書き続けてよかったと思う瞬間です。

では、ご質問にお答えしましょう。(そんなおおげさなものではないけれど)
「オノマトペ」とは擬容語のことです。
細かくいえば、擬音語、擬態語というものになります。
わかりやすくいえば、わんわん、にゃんにゃん、といった感じのものです。
これらのことばを盛岡弁に詳しい方が著書にまとめて
いわゆる盛岡ことばの「オノマトペ」が辞典になったわけであります。
それで、ついつい楽しんでしまった、そんなひとときでありました。
(本屋さんの立ち読みなのだけど・・・)

たとえば
  ハチャメグという盛岡ことば 落ち着きが無いという意になりますが
これも「オノマトペ」であります。

賢治の作品にも方言のままのオノマトペがたくさんあります。
たとえば、ほら風の音

 どっどど・・・


   Eさんへ   わたしより
[PR]
by hajimenoippo_1 | 2010-10-13 20:44 | どこかのだれかへ
<< 雑記 日記 >>