<   2008年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ふりかえってみるかな

いつもはこんな気持ちにはならんのだけれど
この一年は人とのつながりに感謝しなくては
という出来事がいくつかあった。

ひとつは、ある方の詩集に関わらせていただいたこと。
ものすごく大きな出来事だったし
いろんなことを体験させていただいた。
いつかきちんとした文章でここに書きたいのだけれど
なかなか、書けないでいる。
いつか、たぶん、書けるときがくると思う。(どうだろうか)

ひとつは、二度の大きな地震。
画面の向こうの幾人かの方々から
温かなメールをいただき、とてもありがたく
嬉しく・・・ありがとうございました。

ひとつは、あたためていた小さな一歩を踏み出したこと。
同人詩誌の発行、これは人と人がいなければできないことで
声をかけさせていただいた方々には、快く参加していただき
本当に感謝で一杯なのです。

ひとつは、タテタカコさんのライブに行けたこと。
ライブ会場での彼女の歌声に魅了させられ
なんとことばで表現したらいいのかわからんです。
電子ピアノを持ち歩き車であっちこっち移動しながらの活動
まだまだ、知られてはいないけれど、じっくりじんわり確実に
浸透しつつあり、そうそう、一月四日のドキュメンタリー番組
「福太郎!~寺町の大きな家族~」2009年新春、全国でオンエア!
ということで、タテさんが「今日を歩く」というテーマ曲をうたってます。
よろしかったらごらんください。
詳しくはこちら

ひとつは、一年間健康で働けたこと。
(何回か病院には行ったけど)
とにかく忙しく休日の少ない一年だったので
だいぶやつれているらしいが、元気はある。
髪の毛も白く変化しつつある。
やがては、白髪の老婆になるであろうと思う。
母としてときには父として、子育ては手抜きだらけなのだが
今のところ、真っ直ぐな?高校生らしく?育っているようだ。

最後に、ここのコメント欄はこのまま、閉じたままにしておきたい。
もし、なにか、文句のひとつ、小言のひとつ、あるいは
苦情などありましたら、どうぞ、気軽にメールにてぶつけてください。
返事は短く、愛想もありませんが、ほどほどに書けるとは思います。
アドレスは右記のメールをクリックしてくだされば表示されると思います。
この一年、このような偏屈なわたしのことばをお読みいただき、
ありがとうございました。
もし、よろしかったら
来年も、このままのわたしですが、たまに見ていただけたら嬉しく思います。

したらば。
(こんなに長く書いたのは初めてかもしれん・・・
 頭が疲労しているようだ、早く寝ようと思う。)
[PR]
by hajimenoippo_1 | 2008-12-30 21:27 | 雑記

BGM 14

友が一枚のCDを届けてくれた
BGM 14
なんじゃろう と
車に持ち込んで
通勤の往復に聞いてみた
自然をテーマに作られた曲の数々
草原の中で聞いてみたいと思った
最近は
野狐禅 タテタカコ 高田渡
という順番で聞いてたものだから
届いたBGMは新鮮だった
どんよりと雲っていた脳が
刺激を受けて
ちょっと目覚めたかのような
錯覚をした
[PR]
by hajimenoippo_1 | 2008-12-28 23:35 | 雑記

ぐしゃっと

たばこの吸殻を
足で踏みつけるように
がしがしと
靴の裏で
こすり付けられて
粉々になって
ぐしゃっとした
気持ち
どうしようもない
やりきれなさ
[PR]
by hajimenoippo_1 | 2008-12-27 22:43 | 雑記

くつした

枕元に
でかいくつしたを
ぶら下げて寝たが
なんにも入ってなかった
思えば
なんにも願わなかったし
良い行いもしなかった
だから
でかいくつしたは
からっぽのままで
おまけに
くつしたには穴があいていた
[PR]
by hajimenoippo_1 | 2008-12-26 22:02 | 雑記

おいっちに

タテさんが
おいっちに
おいっちに
と繰り返しうたうので
一日中
頭のなかで
おいっちに
おいっちに
きょうも歩く・・・
というところだけ
ずっとながれていて
なんだか
ずいぶん遠くまで
歩いた気分だ
[PR]
by hajimenoippo_1 | 2008-12-24 21:51 | 日記

ひゃっこい朝に
しろい雪が
そらから落ちて
てのひらにのせたら
消えてしまった
ひゃっこい朝に
しろい雪が
消えてしまった
てのひらのうえで
[PR]
by hajimenoippo_1 | 2008-12-22 21:49 | 雑記

中綴じホチキス

反乱をおこした
急いだものだから
針が真っ直ぐに止まらなかった
ぐ・・・
と思ったがやり直すと
跡がつくので
そのままにした
申し訳ない
思うに季刊誌としては
ちょっとずれているが
それも良しとして
とりあえず
それぞれの手元に発送した
どうだろうか
それらしくなってきたかな

あくまでも手作りにこだわって
ちょっと失敗もあるが
それもこれも含めて
楽しみながら続けていく予定だ
あえて同人の方々の名は伏せておきたい
ネット上で簡単に読めてしまう時代
紙に印刷した活字に
こだわっていきたい
頑固な作り手でいたい
偏屈な表現者でいたい
[PR]
by hajimenoippo_1 | 2008-12-21 20:25 | 一滴の水(同人詩誌)

朝の月

粗大ゴミの日
壊れたファンヒーターを
車にのっけて
収集場への途中
うっすらと輝く
半分の月があった
何度も修理して
とうとうあきらめたファンヒーター
最後にすっとなでてから
お別れした
十二年間ともに暮らした君へ
感謝の月が空にある
[PR]
by hajimenoippo_1 | 2008-12-20 21:39 | 雑記

言い伝え

山のカミサマの
言い伝えって
知ってるかな
むかし
じいちゃんが
なんかいも
なんかいも
はなしてたこと
なんかいも
なんかいも
きいたのに
忘れてしまった
だけれど
ときどき
山のカミサマだ
って思うことがある
[PR]
by hajimenoippo_1 | 2008-12-18 22:03 | 雑記

間隙を縫う

タイマーの音に
動かされながら
日々の事をこなしている
なにかに夢中になると
とんでもないことになり
やかんのひとつやふたつ
だめにしたことだってある
気が付けば
深夜の時間帯
ピピピ
とタイマーが何かを知らせる
なんだっけ
と台所にむかう
[PR]
by hajimenoippo_1 | 2008-12-16 21:00 | 雑記